オリーブ橋小脳萎縮症について - 北陸障害年金相談センター

オリーブ橋小脳萎縮症について

(臨床調査個人表国更新のダウンロード)

  1. 中年以降に発病する弧発性疾患で、遺伝性はない。
  2. 初発・早期症状として小脳性運動失調が前景に現れる。
  3. 経過とともにパーキンソニズム、自律神経症状 (排尿障害や起立性低血圧など)を呈することが多い。
  4. 頭部の X 線 CT や MRI で、小脳、橋(特に底部)の萎縮を認める。

関連記事

お気軽にお問い合わせください tel.0766-50-8771 営業時間 / 9:00 - 18:00 (土日祝は予約対応)
LINE・メールは24時間受付