自分で申請して不支給となった方が、双極性感情障害 で障害厚生年金2級を受給できたケース - 北陸障害年金相談センター

自分で申請して不支給となった方が、双極性感情障害 で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談内容

ご自身で障害年金の手続きにチャレンジされ、不支給になった男性からのご相談でした。

双極性障害でお仕事も休職されている状況で、何とか障害年金をもらえないかというご相談でした。

当事務所の見解

不支給になった理由が何なのかを確認することから始めました。

ご自身で提出された書類を拝見すると、初診日の病院がきちんと証明できていないことが原因でした。そのため、改めて初診日をきちんと証明して、手続きを進めることが必要でした。

受任から申請までに行ったこと

初診日が県外の病院だったことが分かったので、その病院にお手紙を作成 させていただき、

初診日の書類を書いていただけるようにしました。 また、これまでの通院や病気の状態を改めて整理して、

提出書類を作成しました。

結果

障害厚生年金2級に認定されました。ご自身で行った際はきちんと初診日の 証明ができておらず、

不支給という結果でした。 初診日が不明確な場合や、すでに病院が廃院している場合は専門家である

社会保険労務士への相談されることをお勧めします。

お気軽にお問い合わせください tel.0766-50-8771 営業時間 / 9:00 - 18:00 (土日祝は予約対応)
LINE・メールは24時間受付