うつ病による請求事例 - 北陸障害年金相談センター

うつ病による請求事例

うつ病で障害厚生年金2級、年間約126万円受給決定

【相談者】

男性(40代/無職)

【相談者様の状況】

当センターのHPをご覧になり、メールでお問い合わせをいただきました。
うつ病によって仕事も休業を繰り返している状態で、傷病手当金を受けていました。
しかし、もうすぐ支給開始した日から1年6ヵ月が経過するので、支給が止まってしまう。
そこで、今後は障害年金を受給することはできないかというご相談でした。

※傷病手当金とは
  社会保険(健康保険)に加入している方で、
  病気やケガで働けない方の生活を保障するために設けられた制度です。
  会社を休み、十分な報酬が受けられない場合に支給されます。
  傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から最長1年6カ月間です。

【受任から申請まで】

まず、初回の無料面談でお話をさせていただきました。
傷病手当金の支給が終わるので、今後の生活にとても不安を感じていらっしゃいました。

また、人と接することが苦手で、必要書類を揃えることに心理的負担を感じておられました。
当センターでは、ご本人に代わって書類を取りに行く支援もオプション対応できます。
相談者様よりオプションのご希望がありましたので、障害年金に必要となる書類は、
診断書以外は全て当センターで取得させていただき、申請しました。

【結果】

うつ病
障害厚生年金2級取得
年金額 約126万円

お気軽にお問い合わせください tel.0766-50-8771 営業時間 / 9:00 - 18:00 (土日祝は予約対応)
LINE・メールは24時間受付