【コラム】永久認定と有期認定 - 北陸障害年金相談センター

【コラム】永久認定と有期認定

障害年金には基本的に、更新という制度があります。

障害の程度(症状等)が悪化したり、逆に良くなったり変化することがあるので、更新は定期的に、障害の程度を確認するために行なわれます。

だいたい1年~5年の期間で、更新手続きが必要となります。

(※更新の時期が近くなると、年金機構よりお知らせが届きます)

上記を有期認定と言います。

一方、手足の切断や完全失明、人工関節等の方は、永久認定される場合があります。

永久認定は、定期的な更新が無い認定です。

ご自身がどの認定を受けているかは、年金証書をご覧いただくとわかります。

年金証書の「次回診断書提出年月」に数字が記入されている場合は、有期認定です。

数字が記入されておらず、*(アスタリスク)が記入されている場合は、永久認定となります。

お気軽にお問い合わせください tel.0766-50-8771 営業時間 / 9:00 - 18:00 (土日祝は予約対応)
LINE・メールは24時間受付